メンテナンスのススメ・旧車メンテナンス編:温泉イグニションコイル

あわれなくまに、応援くださいな(*´Д`)アハーン
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

くまくま@天変地異です

ありえん。。。

くまが、食欲不振。。。

明日は、人類滅亡です(゚∀゚)ゲラゲラ

masaさん「イヤ━━━━(*´∀`)━━━━ン!!!!」ZRX1200R

(画像:masa様

 

さてさて、今日は。。。

旧車メンテナンス編書いてみようと思う(゚Д゚)クワッ!!

 

まーず、最初に表示したのは

masaさんZRX1200Rなのですが。。。

 

( ・∀・)イイ!!位置にイグニションコイル

ついてるねぇ

(*´Д`)アハーン

 

って感じで、イグニションコイルの

お話しでございます(ノ´∀`*)アヘアヘ

 

まず、「いぐにしょんこいる」とはなんぞや?(´・ω・`)モキュ

というお話しになるんですが。。。

簡単に言うと

プラグに火を飛ばすアイテム

なのです(゚Д゚)クワッ!!

 

エンジン内についてるプラグ

あれって、電気を通すと

火花が飛ぶんですが。。。

実際に見たことある人なら、解る思います。。。

 

もんすげー火花

飛んでます

(゚Д゚)クワッ!!

そりゃもう「ばちっ!!!!」って感じで

飛んでるのよね(ノ´∀`*)アヘアヘ

<パーツショップとかで、たまーにデモンストレーションのやつあるよね?

 

くまは、電気系のお仕事してる人ではないので

あんまり詳しくないのですが。。。

プラグに火花を飛ばすだけの電力は

バイク用のちっちゃなバッテリーだけでは

起こしきれません(A´∀`)アセアセ

 

なので、一瞬だけだけど

大電力を発生させる「イグニションコイル」なるものが

必要になるわけです(A´∀`)アセアセ

ウィキの記述を見ると。。。

ちっちゃな「変圧器」と考えてくれていいかもしんない(ノ´∀`*)アヘアヘ

 

古い車両であれば、イグニションコイルからディストリビューターを介して

新しい設計の車両であれば、直接

電力をプラグにたたき込む

そんな、「点火系」と呼ばれる、パーツのうちの一つです

 

 

エンジンのマフラーやキャブレター

エンジン自体のパワーは当然ですが

それらを生かすも殺すも、点火系に

かかってくると言っても、過言ではないかとおもいます

 

 

で、「温泉イグニションコイル」と名前を付けたゆえんですが。。。

イグニションコイルって、だいたいが。。。

エンジンの近くについてたりします(A´∀`)アセアセ

コイルとプラグの距離が短ければ短いほど

プラグへの送電ロスが少なくなるからね(A´∀`)アセアセ

なので。。。エンジンのすぐ近くに

だいたい、イグニションコイルは設置されます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまりは、エンジン熱で

ほどなく暖められた

温泉卵ならぬ

温泉イグニションコイル状態に

なるわけです

(っ´∀`)っワッチョイ

 

masaさん「イヤ━━━━(*´∀`)━━━━ン!!!!」ZRX1200R

どんどん小型化してるイグニションコイル

でも、それでも。。。そこそこの大きさああります

んで、だいたいが。。。

エンジンの上部に配置されています

<ZRX1200Rだと、灰色の筒みたいなのが2個ついてます

フレーム補強(゚Д゚)クワッ!!

ZEPHYR1100に至っては、8プラグだから。。。

イグニションコイルが4つもついてます(A´∀`)アセアセ

<1つのコイルで、2つのプラグを受け持ちます

ZEPHYR1100だと。。。緑のつつ?みたいなヤツがそうです

 

ZEPHYR1100なんかは、設計が古いから

4つのイグニションコイルのうち

2つが、エンジンの真上に。。。。

もろ、エンジン熱で温泉卵状態なんですよね(A´∀`)アセアセ

 

イグニションコイル言うくらいだから

中には、銅線がまきまきされてます

これらが、大電力を発生させるわけですが。。。

 

温泉卵化すると

ほどよくとろけます

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

昔の設計が故に。。。

ガッツリ金属の鎧を着込んでますが

<内部の磁界を外に逃がさないためだとか、なんだとか(A´∀`)アセアセ

とにかく、走る度に、温泉卵です(A´∀`)アセアセ

固ゆで卵になると、コイル昇天です(゚Д゚)クワッ!!

 

いろいろ調べてたら。。。

この「コイル」、実は消耗品らしく

だいたい、2万キロに1回のペースで

交換するのが良いらしい(A´∀`)アセアセ

 

今、カワサキのパーツ検索で調べて見たんだけど。。。

1個、9000円くらいするのな(A´∀`)アセアセ

あんま見えないパーツだし

ZEPHYR1100なら、4個。。。

4諭吉っすか(゚Д゚)・;’.・グハー

プラグコードやプラグまでやっちゃうと。。。

10諭吉近く。。。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

厳しいッス(゚Д゚)・;’.・グハー

 

でも、古いバイクなら、電送系って

ほんと痛んでるケースが多いので。。。

冬のボーナスなんかで、綺麗にしてあげるのも

いいかもしれませんね(A´∀`)アセアセ
せめて、くまに餌あげて、(っ´∀`)っワッチョイさせてあげて下さいな(*´Д`)アハーン
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
This entry was posted in 4.メンテナンスのススメ and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

2 Responses to メンテナンスのススメ・旧車メンテナンス編:温泉イグニションコイル

  1. お・と・た・ん♪ says:

    金かかりますね~その分愛着も沸くんでしょうが・・・僕なら維持できん~^^

    最近のバイクもイグニッションは2万で交換なんですか?
    そんな時、2気筒でよかったなって^^

    • 珍獣くまくま says:

      おとたん様

      最近のバイクは「ダイレクトイグニション」っていって
      1気筒に1つのイグニションコイルが
      ついているケースがあって。。。
      2気筒で、2まそだすな(゚∀゚)ゲラゲラ

      古いバイクは、金かかるんですよ(゚∀゚)ゲラゲラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>