ライディングのススメ:コーナリングと腰使い編:3.ハングオフは怖くない!?

あわれなくまに、応援くださいな(*´Д`)アハーン
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

くまくま@貧乏ひまなしです(A´∀`)アセアセ

不景気やだねぇ。。。

働けど働けど、貧乏だよ(´・ω・`)ショボーン

ハングオフ

バイク乗りたるもの。。。

誰だって、こう思うはず。。。

峠やサーキットで

華麗なるフォームでコーナリング

してみたいっ

(*´Д`)アハーン

 

コーナーで、極限まで倒し込んだフォルム

そして、コーナー出口に向けて。。。

気が狂ったように加速していく。。。

そう、あの「走り」こそ、バイク海苔が

心奪われる瞬間ではないでしょうか。。。

 

でも。。。あんまりする人、いないよね(´・ω・`)モキュ

 

やれ、白バイさんが怖いとか。。。

転倒したら痛いしとか。。。

 

 

 

 

 

そんな戯言は良いのだ

今回は腹を割って逝ってしまおう

 

そう、コーナリングで

バンクさせつつ

ハングオフするのが

怖くてしょうがないってことを

(゚Д゚)クワッ!!

 

はい。。。

あたしゃも怖いです。。。

タダでさえ、バンク中は心臓が止まりそうなほど

怖い。。。

 

だってよ?

バンク中って、加速中とは正反対に

むっちゃバイクが不安定じゃないですか?

ちょっと気を抜いたら。。。

どっか、別の所に飛んで逝ってしまいそうな

そんな不安感あります

 

その上。。。ハングオフだと!?

狂気の沙汰者ねぇ(゚Д゚)クワッ!!

 

そう思っているライダーは多いはずだ(゚Д゚)クワッ!!

そう思ってても。。。ハングオフの魅力に

とりつかれているライダー。。。

そう言う人が、この記事を読んでるはず(゚Д゚)クワッ!!

 

 

そんな人に朗報ですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

ハングオンは怖くないらしい(っ´∀`)っワッチョイ

 

( ゚Д゚)ハァ?

ついに、忙しすぎて

脳みそのどっかがショートしたか?(´・ω・`)モキュ

そう思うかもしれません

 

でも、よくよく考えてみたら、確かに。。。

と思わせる記事が



RIDERS CLUBに書いてあったので

紹介してみるwww

<またかよ(A´∀`)アセアセ

 

 

そもそも、ハングオフにするのが怖い理由として

くま自身も課題として持っているが

・あんなに横にせり出したら。。。落ちそう

・コーナリング中にバランスが保てない

こんな理由が有るかと思うのですが

これらの問題を解決するのが

「ズラしかた」と「タイミング」みたいです(=゚ω゚)ノアイ

 

・ズラしかた

ハングオフ

そもそも、ハングオフで体を「ずらす」イメージって

みなさん、どうやって入手されています?

くまは、写真でフォームを研究したり

motoGPのビデオ見たりして研究します

 

でも、あれって。。。

だいたいが「説明」無しで写真に出てるじゃないですか?

それだけ見てると。。。

なんで、あんなにバンクして

あんなに腰を突き出して

恐れもなく曲がれるのだ!?

って思いません?

少なくとも、くまは思っています

 

でも、いざサーキットや峠で試してみても。。。

死ぬほど恐ろしい(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

さらに。。。

思った以上にバンクしてない(´・ω・`)ショボーン

どうしたもんですかね(´・ω・`)ショボーン

<タイヤ見たら、使ってないの解りまくり(´・ω・`)ショボーン

 

そんな中、なんとなーくだけど

イメージが出来てた内容があります

<ぢつは、今日、帰りに試してみた(=゚ω゚)ノアイ

 

 

腰の動き

ハングオフって「横に」

ずらすんじゃなくて

バイクを軸に回すのね

(´・ω・`)モキュ

なんとなーくだけどこれは知ってました

ただ。。。アプローチ方法が根本的に

違ってた(A´∀`)アセアセ

 

今までのアプローチは

・腰をうかしーの

・ずらしーの

・腰落としーの

って、誰でもやるようなアプローチだったんですが。。。

 

雑誌に書いてたアプローチ方法はこんな感じでした

・アウト側のステップを前に押し出す

・押し出した反動で体をずらす

・体はタンクを中心にねじるように

って感じでした

 

そもそも、腰を浮かすこと自体がNGで

腰を浮かすと、荷重は全て

ステップに移ってしまい

フロント荷重の状態では、荷重が抜けて不安定になります

 

そのため、腰を浮かさずに体の重心を

イン側にずらす方法として

「アウト側のステップを前に」が有効らしい

 

この手法、驚くほど的確で

帰宅途中だったんですが

体がすっとイン側に

バイクはバンクしていきます

これはすげぇ(゚Д゚)クワッ!!

 

正直、皮むきしてないぼんた君ですが。。。

いきなり、リアタイヤが「じゅりっ」って滑るまで

バンクしてた交差点がありました

マジで、使えるかも。。。

 

・ずらすタイミング

これは、本当に「新しい発見」です

上の写真の謎が一つ解けました

 

コーナリング中のイン側のステップ

について、過去記事で書いたのだが。。。

正直、この内容、峠で練習したのだが

パットしなかったのよね。。。

<イン側の足ぷらぷら

 

でも、この謎。。。解けた気がする

ド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!

 

 まだ、実際に試してないので

何とも言えない。。。所はあるのだが

間違っていたのは

アプローチのタイミングでした(゚Д゚)クワッ!!

 

そもそも、コーナリング時に

みなさん、「いつから」体をズラします?

くまはこうだったのね?

・ブレーキング時は体が前に持って行かれる

・両足ニーグリップで体を支える

・ついでに腹グリップも利用する

・ブレーキング終わりあたりでほどなくリアタイヤの荷重が抜ける

・腰を浮かしてズラし、さらに荷重が抜ける

・フロント荷重ばっかりで不安定さ絶好調

そりゃ怖いわ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

そこで、雑誌に書かれてた事を

脳内イメージで再生してみると。。。

・ブレーキングを開始する

同時に体をズラし始める

・重心はイン側に移っている

・リア荷重はさほど抜けてない(少なくとも、腰を浮かすより)

・ブレーキリリースと共に、バイクが自然にバンクする

なんだ簡単じゃん(*´Д`)’`ァ’`ァ

 

これには、正直びっくり

こういうアプローチが正解だったとすると

ハングオフのアプローチタイミングが

全然違ってくるのは当然

さらに、リア荷重のおまけ付き。。。

最高じゃないですか(*´Д`)’`ァ’`ァ

 

ただし、課題が完全解決したわけではないのです

そもそも、「ブレーキング」時に体をずらすなど

可能なのか?

思いっきり吹き飛ばされそうな気がします(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

<両足で挟んでても、怖いのに。。。

 

でも、雑誌は甘くはなかったな(ノ´∀`*)アヘアヘ

その「くまの疑問」にすら

サクッと答えが書かれていました。。。

 

次回はこの「アプローチ」中の

体のホールド方法について書いてみます(=゚ω゚)ノアイ

 

 

あと一つ解ったことが。。。

腹グリップって、役に立たないノな

(´・ω・`)モキュ

 



 
せめて、くまに餌あげて、(っ´∀`)っワッチョイさせてあげて下さいな(*´Д`)アハーン
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
This entry was posted in バイク, 7.ライディングのススメ and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

16 Responses to ライディングのススメ:コーナリングと腰使い編:3.ハングオフは怖くない!?

  1. masa says:

    こういうのってカッコよく曲がれたらいいな~
    とか思うけどさっぱり分らんです、っていうかそんな余裕が無いというか
    週末に鈴鹿ツインに行くのですけど隅っこは走ってこようかな~ なんて・・・

    人並みに走れるようになりたいな~

    • masa様

      かっこよく曲がる。。。
      ライダーの夢ですよね(ノ´∀`*)アヘアヘ
      でも、いろんなところで「しょうがない」所もありますよ(A´∀`)アセアセ
      だって、9割以上のライダーは「公道」で走ってるんでスモン(A´∀`)アセアセ

      ある意味、制限時速で6割程度の力量で
      走れるようになるのが「人並み」なんじゃないですかねーヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

  2. お・と・た・ん♪ says:

    なるほろ~ブレーキング時は車体が安定してっから、おもいっきりインに移動しても車体は直立して・・・すっげ~^^
    ブレーキリリースでカクッと♪
    自分のタイミングで向き変えでちるのか~♪メモメモ

    • おとたん様

      あくまで、くまの脳内再生だから
      まだまだです(A´∀`)アセアセ
      ステップ荷重で、前に。。。ってのを
      町中で通勤快速使って。。。の感想なので
      また、峠出張しないと何とも言えないところが。。。(A´∀`)アセアセ

  3. C4 says:

    こんばんは。

    GSX-R400の件についてアドバイスいただき、ありがとうございました。
    おかげさまで、GSX-R400は復活できそうです。

    自分は正直ハングオフ否定派ですが、一応レーサーレプリカ乗りなので知識だけはもっておく必要はあるかな、と思っていたところでした。
    肝心のハングオフのやり方は意外に載っていなかったりするので、こういう初歩的なアドバイスは助かります。

    それにしても、今回はRIDERS CLUBに載っていたからよかったものの、峠で膝擦っている方々はどころからこの知識を仕入れてくるんでしょうかね?
    自己流の積み重ねでしょうか・・・。

    • C4様

      ハングオフは。。。今回いろいろ考えることがあって
      「速く走る」技術でもあるけど
      「上手に走る」技術でもある気がするんですよね

      くま脳内のイメージなんですけど
      理解出来れば。。。コーナリング時の
      ・終始後方荷重のリーンウィズ
      ・理想的なハングオフ
      これっって、両方。。。安定するのでは?
      と思い始めたり(A´∀`)アセアセ

      GSX-400R、復帰楽しみにしてますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
      よかった、役に立てて♪

  4. きゅーりパクパク says:

    膝擦ったことないよ・・・。いつもリーンウィズだし(^_^;)。

    バイクを上手に乗れる人って、いろいろ考えながら乗ってるんだね♪。
    こうしたらああなるとか、ああすればもっとうまく乗れるとか。
    だから、どんどん上達するのかな?。

    俺は適当にバイクを転がしているから進歩無しっす(T_T)。

    • きゅーり様

      心配なさるな
      くまも、擦ったことはない(゚∀゚)ゲラゲラ
      <尻が出っ張ってるから、尻擦りそう。。。ってのはあるが(A´∀`)アセアセ

      たぶん、これから記事書くんだけど
      今度はSSやGS限定になってきて
      昔のNK(ストリートファイター除く)なんかは
      厳しい乗り方になるのかな。。。
      という想像もありんす(ノ´∀`*)アヘアヘ

      でもまぁ、バイクや、ライダーごとに
      「理想」とされる乗り方は千差万別
      一番乗り安い乗り方を探して乗るってのが
      一番かもしれませんねヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

  5. いわれても16歳のときから膝すり小僧してたからわかんないなあ。
    でも時と場所で、ハングオン、オフは使い分けてるよ。
    器用にそれはできるけど。
    ハングオン。。。どうやってしてるのかはわかんないなあー
    峠でサーキットで走って覚えた。。。若いときに。

    • ベルねぇさん

      ねぇさんの写真見てたら解るよヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
      リーン中は綺麗なフォームしてるし。。。
      やっぱ、ならしてる人はちがうなーって
      思った次第(ノ´∀`*)アヘアヘ

      くまは、理屈こねてるだけ。。。だけど
      ねぇさんは体現してる
      その差はでかい思うよヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

  6. ケルト says:

    普段、深く考えずに乗っておりますが、考え出すとワケワカメ~( ゚Д゚)ウヒョー

    確かに、毎回腰浮かしてからケツずらしてたんじゃ、直線の少ない複合コーナーでは間に合わないよね:(;゙゚’ω゚’):

    • ケルト様

      楽しく走ってる時って
      ほんと、なんも考えないよね~(ノ´∀`*)アヘアヘ
      でも、考え出すと。。。
      つくづく思うのよね、バイクって奥が深いって(ノ´∀`*)アヘアヘ

      切り返しも記事書こうか?(A´∀`)アセアセ
      ネタあるよヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

  7. ぽん says:

    こんばんは!(。・▽・)ノ
    ハングオフ・・・
    こういうのってのは・・・思うに・・・
    ①壊れてもOKなバイク(またはメカニックが居るような環境)を用意!
    ②サーキットで走り込む!
    ③そんで限界を知る!
    これが一番近道なんでしょうね~(・∀・)
    一般ピーポーは、大事な大事なmyバイクを危険には晒すことは出来ない・・・そして何よりも怖い・・・が手伝って中々公道では出来ないと思います( ´Д⊂
    若いうちにノリと勢いで覚えてれば簡単に出来てるのでしょうけどね~
    オサーンになった今、中々厳しいかも知れません・・・(゚∀゚ ;)

    • ぽん様

      いやいや(A´∀`)アセアセ
      限界は求めちゃダメですよ(A´∀`)アセアセ
      特に公道じゃ(A´∀`)アセアセ

      たぶん、次の次くらいでまた「誰でも出来る~」書こうと思うけど
      一般ぴーぽーは。。。
      あくまで限界の6割って所です(A´∀`)アセアセ
      サーキットで7~8割って所かな?(A´∀`)アセアセ

      でも、母数を増やすことは出来ると思ってて
      そしたら、公道で5割の力。。。で走れるようになったら
      楽に楽しくヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
      出来ると思いません?(ノ´∀`*)アヘアヘ

  8. ポンチョ says:

    初めまして、ハングオンするアメリカン、ポンチョです。
    ハングオン、怖くないですよ!
    あれはリーンインよりバンク角を稼いで、より傾けずに曲がる技術という認識です。
    コーナリング中もバンク角のマージンに余裕ができて安心できます。
    腰ずらしはブレーキング前に済ませたほうが楽だしフラフラしにくいと思います。

    • ポンチョ様

      初めましてですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
      よろしくお願いします

      定常旋回って言い方もあるのかな?
      バンクさせずに曲がる。。。
      なかなか、いろいろあって、難しいものです(ノ´∀`*)アヘアヘ

      そうなんですよー、最近知りました
      ブレーキングの前に姿勢つくちゃう方が
      安定するんですよね(ノ´∀`*)アヘアヘ
      でも、まだまだホールド方法が自分の中で確立できてなくて(´・ω・‘)ショボーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>