くまパソコンのススメ・パソコンの速さと、車・バイクの速さ。。。意味は違えど、似たような内容になってきてる

あわれなくまに、応援くださいな(*´Д`)アハーン
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

くまくま@今日は妙に冴えてる(*´Д`)ハァハァ

書くことがどんどんわいてくるぜ(*´Д‘)アハーン

impreza-wrc

 

さてさて、今回はパソコンの「速さ」について

だらだら書いてみたいと思う(ノ´∀`*)アヘアヘ

 

パソコンの性能で「サクサク」動く。。。

ってのは、よく言われる内容ですが

この「サクサク」ってのはパソコンにおける「速さ」なんですよね

逆にいうと「速い」パソコンは、使っていても

ストレスなく。。。いろいろとできます

 

この「速さ」について、車やバイクの「速さ」と。。。

特に最近は、似てきてるように。。。

むしろ「そっくりに」なってきた気がするのね

 

例えば、車なんですが。。。

F1とか、ラリーで走る車は、正直「めちゃくちゃ」早いです

F1だけでいえば。。。現在のマシンは、最高速が370kmに「設定」されています

しかも、F1はいろんなレギュレーション(レース場の規制)に縛られての速度なので

それらをすべて取っ払うと。。。600kmも夢ではないらしいです

 

それに対し、一般的に販売されている車は

軽自動車で140km程度

通常車両でも180km程度。。。

そりゃ、軽自動車とF1マシン。。。別物ですよね(^∀^)ゲラゲラ

 

じゃ、例えばですよ?

軽自動車にF1マシンの「エンジン」を乗せたら

370kmは出せるのか?

答えは「ノー」です

まぁ、エンジンがでかすぎてエンジン乗せることはできないし。。。

仮に乗ったとしても、まっすぐ走れないし

止まらない。。。ひどい乗り物になりますね(A´∀`)アセアセ

 

車の構成部品を大きく分けて書くと。。。

・エンジン

・燃料供給

・車体のフレーム

・タイヤなどの「足回り」

などがありますが。。。

エンジンばっかり「高出力」でも使い物にならない。。。

さきほどの「軽自動車」にF1エンジンがいい例です(A´∀`)アセアセ

 

ここで、なにがパソコンと似ているか。。。

それはこんな法則が成り立つように思えるのです

・エンジン=CPU

・燃料供給=HDD、SSD、メモリなど

・車体のフレーム=マザーボード

・タイヤなどの「足回り」=グラフィックカードなど

 

例えば、CPUばっかり高性能なもの

(今でいえば、インテル Core i7-3970X Extreme Edition とかかな?)


インテル BX80619I73970X Core i7-3970X Extreme Edition

インテル BX80619I73970X Core i7-3970X Extreme Edition
価格:93,800円(税込、送料込)


ほぼ、現在の最高峰とも呼べるCPUですが。。。

<Xeonプロセッサや、AMD Opteronを並列化するとかもあるけど。。。

どんなに、( ・∀・)イイ!!CPUを搭載しようとも

<CPU性能で、ほぼマザーボードも高性能になりますがね

メモリの性能や、HDD、SSDの性能が低かったり。。。

グラフィックの性能が低かったりすると

CPUが持つ「本当の」性能を発揮することができません

 

そこら辺の内容を、次以降の記事で

もっと噛み砕いで書いてみようと思います

 
 せめて、くまに餌あげて、(っ´∀`)っワッチョイさせてあげて下さいな(*´Д`)アハーン
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
This entry was posted in 2.くまパソコンのススメ and tagged , , , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>