くまパソコンのススメ・パソコンの速さは、どのように決まるのか?

あわれなくまに、応援くださいな(*´Д`)アハーン
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

くまくま@書くこと満載です(ノ´∀`*)アヘアヘ

こまったなぁ。。。こんな時間に書いても

見てもらえるかどうかわかんねーのに・・・

書き物欲求が止まらない(*´Д`)ハァハァ

パソコン処理

 

パソコンの速さは「処理」の速さ。。。によって

決まってきます

その説明をするために、パソコンは「どうやって」動いてるのか

の説明を書かないと、いけないかな。。。と

 

・パソコンの「処理」は入力、演算、出力が全て

IPO

パソコン操作において、全ての操作は

入力、演算、出力の3つに分けられます

専門的には「IPO」とも呼ばれています

 

例えば、インターネットでホームページとかを

表示するとき。。。を例に例えると

ホームページを見るときには、何をするか?

「ブラウザ」を起動します

・入力で「ブラウザ」のアイコンをダブルクリックします(入力)

・アイコンがダブルクリックされたことをパソコンは認識します(演算)

・演算結果に従い、ブラウザがインストールされてるデータの要求を出します(出力)

・HDDやSSDは、要求に従い、ブラウザのデータを転送します(入力)

・ブラウザデータを演算して、画面出力用のデータを作成します(演算)

・作成されたデータを画面に表示します(出力)

 

んま、ざっくり書いたけど。。。こんな感じでブラウザが画面に表示されます

こっから、URLの入力(ブックマークのクリックなんかも一緒ですね)したら

そのURLのサーバに対して、HPのデータを要求、取得して

表示する。。。

こんな流れでしょうかね?

 

こんな感じで、他に。。。

・表計算ソフトの操作をする

・動画を閲覧する

・音楽を聴く

いろんなことができるパソコンですが

全ての内容は「入力」、「演算」、「出力」で

説明できます

 

んま、難しく書いちゃうとわけわかんなくなるんですが(A´∀`)アセアセ

<くまも、頭の出来が良くないので、難しい言葉書くと、煙でます(A´∀`)アセアセ

キーボードとかマウスという「入力」でなんかしたら

パソコンがごちゃごちゃした「演算」やって

それに対する結果を画面という「出力」を行う。。。

こんな感じだろね(ノ´∀`*)アヘアヘ

 

・パソコンの「入力」

キーボード

一般的に、入力。。。と呼ばれる部品は

パソコンでいうとキーボードや

マウスが該当しますが。。。

場合によっては、HDDやSSDなんかも

「入力」する部品となります

<場合によっては、出力する部品にもなりますね(A´∀`)アセアセ

 

ここでいう「入力」に対する部品とは

CPUなどの「演算」を行う部品を中心として

データなどを取り込む対象の部品を指します

なので。。。いろんな部品が入力対象の部品となりますよね(ノ´∀`*)アヘアヘ

 

 

・パソコンの「演算」

motherboard

一般的に「演算」を行う部品は

CPU。。。と言われています

でも、今回はちょっと噛み砕いて書こうと思うので

もうちょっと、いろんな部品があることを書こうと思います

 

俗にいう「コントローラー」と呼ばれるものが

それに該当して。。。

画面表示に使われる「GPU」

HDDやSSDの制御を行う「SATAコントローラ」(他にもいろいろあります)

インターネットとの接続を行っている「LANコントローラ」

他にも、いろんな種類のコントローラーがパソコン上には

存在しています

んま、なんかの部品を「コントロール」する部品が

ある。。。みたいに思ってくれたらいいかな?(ノ´∀`*)アヘアヘ

あんま難しく考える必要はなくて

「いろんな」、演算するための部品がある。。。位に

思ってくれたらいいかな?(ノ´∀`*)アヘアヘ

 

・パソコンの「出力」

マルチディスプレイ

これも一般的なものがあって

・ディスプレイ

・プリンタ

・スピーカー

なんかが、一般的になりますね(ノ´∀`*)アヘアヘ

 

あと、これに追加して。。。

「入力」でも出てきたHDDやSSDなんかも

逆の「出力」部品になります

インターネットとかで、ソフトや画像なんかをダウンロードして

それを保存しているのは、HDDやSSDになりますよね(ノ´∀`*)アヘアヘ

 

こんな感じで、「入力」「演算」「出力」によって

パソコンは成り立ってます

 

ここで、パソコンの「速さ」に戻ってみると

「入力」「演算」「出力」については、それぞれ

速さを持っています

入力について、現状最も早いSSDとか。。。

演算が早い、IntelCore i7など

出力については、GTX690やHD6990

部品が早いことに越したことはないのですが

もっとも重要なのは「バランスよく」速度を上げる必要があります

 

一般的にありがちなのが

CPUだけ異常に速いケースですが。。。

それはそれで、それなりに速いのですが

本当の速さではないです

 

CPUが速いので演算は速いのですが。。。

「入力」となるSSDやHDDが低速であれば

CPUは演算対象となるデータが届くまで

「待つ」ことが多くなります

そして、結果を「出力」するわけですが

その「出力」も、スムーズに行われないケースが出てきます

バランス。。。正確にいえば、パソコンの「速度」は

もっとも「遅い」ものに調整される傾向にありますね

 

今回、「入力」「演算」「出力」について

パソコンとの速度の関連について書いてみました

でも、かなり抽象的な書き方になったのも事実。。。

なので、さらに具体的に「入力」「演算」「出力」の内容を

次回以降に書いていきたいと思います

 
 せめて、くまに餌あげて、(っ´∀`)っワッチョイさせてあげて下さいな(*´Д`)アハーン
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
This entry was posted in 2.くまパソコンのススメ and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>